東京大学Jazz Junk Workshop 公式Blog

学内唯一のビッグバンド・ジャズサークル、Jazz Junk Workshop(通称JJW)の公式ブログ

活動報告:11月編 ①

ご無沙汰しております!

日頃告知の更新が多いので、
活動報告という形でブログを更新してみようと思います!今回は2本立て!


まずは直近のものから紹介します。

11/21-23、駒場祭が開催されました!
f:id:jazzjunkworkshop-blog:20151125092624j:image

たくさんの方に御来場いただき、嬉しい限りです!我々も3日間楽しく演奏でき、無事に終えることが出来ました。
参加してくださった他大学、企画バンドの皆様、聴きに来てくださった皆様、
本当にありがとうございました!

いくつか写真を紹介します!
JJW Jrバンド
f:id:jazzjunkworkshop-blog:20151124173948j:image
f:id:jazzjunkworkshop-blog:20151124181353j:image
Reg バンド
f:id:jazzjunkworkshop-blog:20151125092710j:image
f:id:jazzjunkworkshop-blog:20151125102540j:image
f:id:jazzjunkworkshop-blog:20151125092743j:image

----------------------------------------------------

そして、今月初旬にもビッグイベントがありました!

モデルバンドとして敬愛している、Vanguard Jazz Orchestra が来日公演を行い、
最終日である11/7、我々JJW Regもビルボードライブ東京にて
VJOクリニックを受講しました!


今年はピアニストJim McNeely氏が来日するとのことでしたので、
Don't Even Ask!をクリニックの題材として選び、受講しました。

まずは、我々RegがVJOご本人の目の前で演奏をし、メンバーからの講評を頂き、我々からの質問などにも丁寧に答えて頂きました。また、リードプレイヤーだけVJOメンバーに入って頂いて、気になる箇所を演奏させて頂くこともできました。

最後には、VJOメンバーによるDon't Even Ask!の演奏をそれぞれのパートの真横で見て・聴く、
そして、各パートのメンバーに個別に質問やレクチャーを受けるという本当に貴重な経験をさせていただきました。

耳にも心にも、何より自分たちの演奏にも影響が大きく、VJOから溢れるエネルギーを享受することができました。
もちろん、3日間に渡るVJO公演も満喫しました!!(全セット参戦のメンバーもいました!)

f:id:jazzjunkworkshop-blog:20151124181112j:image

VJOクリニックを終え、コンマスからのコメントです。

「VJOの演奏をメンバーと同じ立ち位置で聴いたことで、音源や客席から観たライブだけでは分からないVJOらしさの源を全身で感じることができました。
特に、ジムの作品のような現代曲をやっているときでも、そこに現れるフレーズを16人がまるで歌うように演奏していることに改めて衝撃を受けました。
このような偉大なバンドの曲を自分たちも演奏していることに誇りを持って、遠い目標に少しでも近づけるように、あと1ヶ月頑張りたいと思います。」

憧れのプレイヤーにレクチャーを受ける、という本当に有難い経験でした。
残り一ヶ月となりましたが、それぞれ生かして参りたいと思います!


実は
11月には他にもビッグイベントがありましたので、また更新します!
お楽しみに〜

f:id:jazzjunkworkshop-blog:20151125094433j:image

駒場祭!

ついに今週末、11/21-11/23

 駒場祭 が行われます!

JJWの教室は
【1号館2階159教室】

f:id:jazzjunkworkshop-blog:20151119151156j:image

今年も、たくさんの企画バンド、他大学のバンドが出演し、3日間を通してアツい音楽をお届けします。

こちらがタイムテーブルです!
f:id:jazzjunkworkshop-blog:20151119150723j:image

もちろん、JJW Jrバンド、Regバンドも共に選りすぐりの曲をご用意して、
皆様の御来場をお待ちしております!


今年のライブも残り少なくなって参りました

お時間のある方、ぜひ駒場祭に足を運んで下さい!
よろしくお願いします。

メンバー紹介 第16弾!最終回!

 さて、

駒場祭まで!のこり15日となりました。早いですね。

そして、

ついにメンバー紹介、16人目、最後の1人を迎えました。
 
最後を飾るのは、4th Trp牛木 亮太です!
 
 f:id:jazzjunkworkshop-blog:20151105092210j:image

彼はD年で、Reg 4th Trpを務めながら、
Jrバンドのコンサートマスターとしてもその力を発揮しています。

責任感が強く、バンドを引っ張る存在として後輩からも非常に信頼されています。 "ほぼE年"とも言われている牛木くんはとてもストイック、
先輩にもタメ口をきいてしまうことから、一時は「下克上」などとも目されていましたが

決して驕らないその性格で、先輩からも一目置かれる存在。かわいい後輩として愛されています。


そして、いざという時には感動的なソロで会場を沸かせてくれるJJW期待のエースでもあります。


最近はバンドサークル東大音感にも顔を出し、さらに活躍の場を広げているよう。タフです。

f:id:jazzjunkworkshop-blog:20151103142022j:image 

 

ちなみに、彼もいわゆるオタク語使い箸蔵くんをはじめとするE男との息もぴったりです。


テンションの振り幅が非常に大きく、萎えるととことん沈んでいき(鬱)、めちゃくちゃ楽しそうにマシンガントークを繰り広げる時(躁)もあります。

ちなみに最近は鬱病が治ったとの報告も届いています。


さらに噂によると、この「めちゃくちゃ楽しそう」な時に牛木ダンスなるものをするらしく、それがとてもユニークなのだとか…気になりますね…

 f:id:jazzjunkworkshop-blog:20151105092251j:image 


シャイなのか、写真を撮られるのが苦手で、カメラを向けるとすぐに気づいて顔を隠されてしまうので、なかなかカメラ目線のショットが撮れなかったり…

f:id:jazzjunkworkshop-blog:20151103142106j:image


たまにはこっちを向いてピースしてくれたらと思っています。よろしく頼む〜

 

彼は音楽だけでなく、勉学の面でも努力家。成績が非常に優秀なのだとか。将来有望。加えて、字がキレイなのがとても印象的。フォントオタクという一面も持っているのです。

 

さて、ご本人から一言を頂いています。

「最後まで頑張ります」

シンプルですが、心強い一言ですね。

 

 f:id:jazzjunkworkshop-blog:20151103190309j:image

 

とある筋から入手した話だと、

「ちょっと抜けているところが可愛いらしい…」のだとか。Regといる時の牛木君と、Jrでの牛木君はどうやらギャップがあるらしく、

JrではC年と仲良く(デレデレ?)していて、何でも話しているとかいないとか。

f:id:jazzjunkworkshop-blog:20151103142155j:image

今年のアンケートで、華やかセクション、仲良しセクション、入ってみたいセクションなどにも選ばれた 噂の「なかよしらっぱ!」(?)

 

そんな牛木くんの好物はラーメン!毎日のようにラーメンを摂取しており、特に(渋谷や駒場周辺にある家系ラーメン)が大好き。

着々とデブ街道を歩んでいると聞いています…誕生日には全部のせにしたそう。くいしんぼう!ちなみに、あんこが苦手らしい。

 

そんな彼の特技(?)は、人の仕草を真似すること!

ちょっとカリカチュア的なそのモノマネレパートリーは

レギュラーメンバーからプロトランペッターまでとても幅広く、

似てる!と笑いが起こることもしばしば…

気になる方は見せてもらってみてはいかがでしょうか。

もしかしたらあなたもこっそり真似されているかも!?

 

f:id:jazzjunkworkshop-blog:20151103142313j:image

 

今年、人一倍努力家で熱心な彼が、JrもRegも引っ張ってくれています。

来年節目の年を迎えるJJW、過去現在未来と今後も続いていくであろうサウンドを受け継いでいく大切な存在となるのではないでしょうか。

 

JJWの麒麟牛木亮太をこれからも応援よろしくお願いします! 

 f:id:jazzjunkworkshop-blog:20151105092149j:image

 



最後までお読みいただきありがとうございました!

JJW 15年度Regメンバーのことを知って頂けましたでしょうか?

もちろん、ここでお見せできたのは我々のほんの一部分。

この記事を読んで、少しでもJJWに興味を持って頂けたり、残り少ない我々の演奏に足を運んでいただければ幸いです。

 

あと2ヵ月、このページでは、

新たな企画(まだ考え中なので、ご意見お待ちしています)やライブ告知とともに

文章や写真を通して、バンドの魅力をお伝えできればと思っております。

最後まで精進して参りますので、

今後もJJW2015を、よろしくお願いいたします!

 f:id:jazzjunkworkshop-blog:20151105094423j:image

以上、JJW 全16名のRegメンバー紹介でした!

ありがとうございました

 

 

メンバー紹介 第15弾!

こんにちは!学祭ラッシュが続いていますね!

10/31 青山学院大学  青学祭

青山キャンパス9号館922教室

14:20-14:50

11/1 立教大学 SPF

池袋キャンパス8号館8301教室

11:10-12:10 JrもRegも演奏します!

11/1 上智大学 ソフィア祭

15:00-15:30

この学祭にて、Reg.体験乗りも終了となります。ぜひ、お立ち寄り下さい!

 

そして、

あと2人となったメンバー紹介…

 今回は、満を持しての登場、2nd Trp 箸蔵 颯太です!

f:id:jazzjunkworkshop-blog:20151022094218j:image

JJW Reg.唯一の3年目、ベテラン箸蔵君もついにE年となり、JJW最高学年を迎えました。彼のサドメルへの知識や愛、そして確かなジャズのfeelが、このバンドを引っ張ってくれています。


C年時代からRegとしても活動していたため、年上の先輩からの寵愛を受け、
すっかり弟キャラあざといキャラとなっていった箸蔵君。

f:id:jazzjunkworkshop-blog:20151022094436j:image 

彼はD年春、このままでは同期や後輩となじめない…と焦ったがために、
Jrバンマスに立候補し、見事にその仕事をこなしていました。


年上の方々に可愛がられた影響か、にじみ出てしまう大御所感。
現在のC年、特にC女には「怖い」という印象を持たれているよう。

f:id:jazzjunkworkshop-blog:20151022094412j:image


夏合宿のアンケートでは話しかけづらい人ナンバーワンという結果に…
(ちなみに話してみたい人ナンバーワンには選ばれず…)

みなさん、ぜひ話しかけてみてください。おすすめは「いい天気ですね」です。

 

そんな箸蔵君は、音楽だけでなく、美術にも関心があり、
美術館やギャラリー巡りをしたり、本や映画を鑑賞すると、ブログにその日のことを綴ったりします。
学芸員課程を履修中らしく、忙しい中、美術館の実習にも参加していました

(私は、どことなく箸蔵くんの語り口調が残り、読みごたえもある彼のブログが好きで、ブックマークして定期的にチェックしています…)

言葉だけでなく、服や持ち物に独特のセンスを感じます。ちょっぴりリスペクト。

f:id:jazzjunkworkshop-blog:20151022094555j:image 

 

さて、普段の箸蔵君はどんな人かというと、
多くの箸蔵流オタク語」を持ち、「オタク」として彼自身の口癖をJJW内に蔓延させているとかいないとか…?

まさに陰の権力者感がありますね。
「パオーン」「それ、なんだよなぁ~」「ばぶー」「死にます」「キレました」他

 

黒人映画などのスラングのマネをしていて、それで一部のメンバーとコミュニケーションを取っていたりします。
このように様々な箸蔵流オタク語録」を持っていますので、

実際に彼に会った際は ぜひ確認してみてください。すぐに聞けると思います。

f:id:jazzjunkworkshop-blog:20151022094741j:image

 

ここで御本人から一言!

「残すところ2ヶ月となりましたが、ここからが真髄という心持ちです。一音一音を敬虔につくってゆきたいと思っておりますので、ぜひ聴きにいらしてください。」

箸蔵くん、手書きでは書けないであろう漢字を使ってきました。ぜひ聴きにいらしてください!

 

そして!!彼のあざとさと言えば、なんと言っても写真です。ご覧下さい。

f:id:jazzjunkworkshop-blog:20151022100247j:image

カメラを向けると、

そそくさとすり足で逃げる箸蔵

そして、、

f:id:jazzjunkworkshop-blog:20151022094923j:image

柏の後ろに隠れてしまいました!

 

あまり表情筋が発達していないせいなのか、本当に感情がないせいなのか...

他の人とは一線を画し、「無邪気な笑顔」で写真に写ることはほぼありません。
独特の決めポーズがあったり、表情がキザだったりします。なんだかんだキマっているのがズルイですね。

f:id:jazzjunkworkshop-blog:20151022094710j:image

ちなみに、弟キャラ、可愛いキャラはもう卒業したらしいです(自称)

 

少しぶっきらぼうな印象もある箸蔵くんですが、JJWへの秘めたる思いは誰よりも強く、密かにメンバーのことを考えてくれています。

f:id:jazzjunkworkshop-blog:20151022095726j:image

彼の演奏を聴けば、きっとそれが伝わってくるはずです。ご注目下さい! 

そして、時折見せるあざとい表情もポイントです。

 

JJW 影のドン箸蔵颯太をこれからも宜しくお願いします!

f:id:jazzjunkworkshop-blog:20151022094101j:image

メンバー紹介 第14弾!

いよいよ学祭まわりがスタートしました!

先日は、工大祭にお邪魔し、

次回は、今週末10月24日(土) 国際基督教大学ICU祭です!

15:20-15:50の出演です!

体験乗りのJrも演奏します!ぜひお立ち寄りください~

 

 

さて!ついに紹介も残り3人となりました…

今回は、JrでもRegでもバンドを支えるこの人を紹介します~

JJW 5th BaritoneSax松雪 翠です!

f:id:jazzjunkworkshop-blog:20151012162709j:image 

かわいい顔してバリバリとかっこいい低音を鳴らし、

さらにはJJWのお母さん的存在として、同期・後輩・先輩からも信頼され、なおかつ恐れさせる圧倒的貫禄の持ち主。
彼女に「しっかりして」と言われたメンバーも多いのではないでしょうか?

遅刻や練習不足には厳しく当たっていく、まさに母のような存在です。

 

そんなみどりは自分にも厳しく、しっかり者!

スケジュール管理には自信があるそうなのですが、たった一度だけ、練習日を間違えていたことがあったり、落ち込んでしばらく引きずっていました…

他人に厳しいのは、自分に厳しいからこそ!これぞ愛のムチなのです。 

f:id:jazzjunkworkshop-blog:20151021152622j:image

ところが、褒められると結構照れちゃったり…そんなところがおちゃめで可愛いです。

 

そんな責任感のある彼女は、なんと言っても家庭的ところが印象に残ります。

女子力とかいう俗語で表すのがもったいないくらいです。


f:id:jazzjunkworkshop-blog:20151021152026j:image

これが、

こうなります

f:id:jazzjunkworkshop-blog:20151021154150j:image


お菓子からパエリアまで、彼女の手料理はJJW内でも美味しいと有名で、
差し入れにお菓子を持ってきてくれたときには、誰もが喜び、獣のように群がります。

f:id:jazzjunkworkshop-blog:20151021153014j:image

お裁縫も趣味だそうで、これはいい奥さんになりそうですね~

 

ちなみに、サックスセクション5人のうち彼女を除く4人が、
1月2月に誕生日を迎えるため、Regの活動内では祝ってもらえない!!

そんな我々のために、彼女が振る舞ってくれたのは、

f:id:jazzjunkworkshop-blog:20151012163004j:image

フルーツタルト!(タルト生地からみどりの手作りです…!)
彼女の手料理、「お金を取ってもいいのでは?」と毎回思います…天才です… 

 

また、彼女は大学で食物栄養等について学んでおり、さらにグルメでもあるのですが、

おなかが空いているとぶっきらぼうに「何かカロリーのあるものない?」と聞いてきたりもします。

 f:id:jazzjunkworkshop-blog:20151021151124j:image

ここまで、真面目で誠実なみどりについて語ってきたわけですが、

彼女にはさらなる一面があります!

 

それがこちら!松雪ポーーーーーズ!!!

 f:id:jazzjunkworkshop-blog:20151021152240j:image

彼女オリジナル?のポーズであり、実は一年更新だそう。

年度初めには新たなポーズを考えるべく試行錯誤したりしています。

そういえば最近見てないな…

カメラを向ければ、ばっちり決め顔(なお4割くらいは変顔)を披露してくれます。

ちょっと前のエピソードですが、

いつの間に撮ったのか、数十枚のみどりの自撮り写真がスマホに保存されていた!という事件も起こしたりしています。最近は落ち着いたようですね。

 f:id:jazzjunkworkshop-blog:20151021151317j:image

また、言動もズバズバ、サバサバとしており、鋭いツッコミが飛んでくることも多いです。どこで学んできたのか、得意なのは煽り芸

 

ここで本人から一言頂いています!

「こうして楽器を吹ける日々が幸せです。あと2ヶ月ちょっと、精進して参ります!」

 本当に残り少し、終わりも見えてきました…感慨深い…

f:id:jazzjunkworkshop-blog:20151021151405j:image 

そんな彼女が大好きなものといえば!

アイドル!

ハロプロのアイドルや東京女子流のライブにも足を運んでいます。(以前、何人かの女子流ファンが偶然集まったときがあり、おすすめ曲を流してもらったのですが、それ以後私も元気を出したいときにたまに聞くようになりました)

アイドルの話をする友達を募集しているようなので、我こそは!という方は、

ぜひ彼女に話しかけてみてください!

ちなみに、「生まれ変わったらアイドルになりたい」と言っているそう。なれそうな気がします。

 f:id:jazzjunkworkshop-blog:20151021152347j:image

普段の彼女は よく周りを見ていて、細かなことにも良く気づき、C年の面倒もしっかり見ています。バリトンの、C年も立派に育て上げています。母。

 

圧倒的貫禄とは裏腹に、遠慮がちな面もあり、「人に迷惑をかけないように」という心遣いを日々感じたりします。

 

そんなJJWのお母さん、松雪翠をこれからもよろしくお願いします!

 f:id:jazzjunkworkshop-blog:20151021152357j:image

 以上、第14弾でした〜


メンバー紹介 第13弾!

こんにちは!関根です。

前回自分の紹介をしてもらった訳ですが、実際ちょっと恥ずかしいですね…

すばらしく良く書いてくれたので、とても嬉しかったです。

私もこっから負けじと書いていきますので、これからもどうぞ宜しくお願いします!!

 

 

そろそろ学祭のシーズンがやってきます!

今週末10/11 15:25-15:50

東京工業大学工大祭喫茶ロスガラにもJJW Reg.がお邪魔する予定です〜

ぜひお越し下さい!ロスガラさんは屋台で牛串も売っているらしいですよ〜

 

 

さてさて、残り4人となりました!

今回のメンバー紹介は、

VJO愛でバンドを導くDrums小花 芳輝です!

 

 

f:id:jazzjunkworkshop-blog:20151007102757j:plain


どんな曲もアツくてクールなドラミングを披露してくれるのは、
誰もが認めるJJW 影の立役者、E年ドラム小花くん。


彼は生粋のサドメル・VJOオタクであり、John Rileyを愛してやみません。

これまで、自身の演奏だけでなく、数々の参考音源や手作りの資料

JJWのサウンドを支え、向上させてきた小花君は、バンド1の熱血漢と言っても過言ではありません。


毎年11月頃に来日するビルボードのVJO公演でも
その情熱が遺憾なく発揮されており、毎年全公演参戦は当たり前!
今年はなんと、大阪まで行くとか?!ライリーへの愛はホンモノです。
もちろん公演の電話予約でも大活躍。サークル全体を指揮し、全力で座席を取りに行きました。見事にみんな生VJOを拝めます。ありがとう~!

 

f:id:jazzjunkworkshop-blog:20151007104249j:plain

 (おばなくんのエネルギーで背後の人もブレました)

 

そんなお金、どうまかなっているんだ?!と思った方も多いはず。

彼は、「安土桃山時代の盗賊」みたいな名前のスパゲッティ店でバイトをしています。

家でもオリジナルスパゲッティを作っているようで、料理の腕も着々と上げています。とにかく何に対しても熱心!なのです。

 

もちろん、セッティングに対してもこだわりが非常に強く、

シンバルもたくさん所有しています…

それゆえ、ライブの転換にも時間がかかります…

もちろんそのお金も「五右衛門」で働いているからこそ!

よっ!五右衛門!(※もう隠すのはやめました)

f:id:jazzjunkworkshop-blog:20151007105451j:plain

 

そんなアツい男、小花君ですが、都市工学科に所属しており、こちらの勉強にも熱心に取り組んでいます。

模型製作のため徹夜をし、そのままRegの本番をこなした後、打ち上げにもしっかり参加して、また本郷キャンパスへ徹夜しに帰る…というこのバイタリティ!そして体力!

こうして完成させた模型も学科2位を受賞するなど、自分で手にできる可能性は絶対に逃したりしません。

 

f:id:jazzjunkworkshop-blog:20151007103245j:plain

 

どうしてそんなに勝負強いのか?と不思議に思うのですが、

彼は「インナーゲーム理論をJJWに持ち込んでおり、どんな本番もなんのその。本番前に心構えについてや、Herbie Hancockなどの写真をラインに上げ、イメトレを促したりもします。超人…

 

そんなクールでアツい小花君は、ソロ裏でソリストをいじめるのが大好きなSっ気もあります。

でも、帰り際にこっそりソロについてアドバイスをくれたり、メンバーへの愛情もたっぷりなのです。

 

そんなご本人から一言!

「イーブンが一番スイングします。」

彼らしいナナメ上のご回答。ありがとうございます。

 

f:id:jazzjunkworkshop-blog:20151007104327j:plain

 

ここまで、クールアツいおばなくんについてお話して来ましたが、

噂によると、一昨年行った免許合宿では統合失調症を疑われたとか…?

時折見せるアスぺっぽさが彼の隠し味でもあります(隠してないかもしれません)

噛みしめてみてください。噛めば噛むほど味が出ます。

 

また、服装がE男の中でもずばぬけてオシャレ!という意見が(E男から)出ていたりします。要チェックです。ちなみに髪型もとってもオシャレです~

イケメンとの声も(E男から)上がっています。モテモテですね!(E男に)

もうひとつ付け加えておくと、彼はとても「ええ声」。笑い声も「ええ声」です。

声フェチのあなた!ぜひ話しかけてみてください。

 

f:id:jazzjunkworkshop-blog:20151007103734j:plain

 

彼は本当にストイックで、練習メニューも論理的に立てて、個人練に取り組んでおり、

ドラマーとしても、一個人としてもJJWという団体に絶対に欠かせない存在となっています。

録音係としても、超スピーディーに仕事をこなしてくれています。感謝。

 

そんな小花くんのプレーをぜひ、聴きに来てください。

後期も、より彼のドラムが輝きを放つこと請け合いです。

 

 

JJWのJohn Riley小花 芳輝をこれからも宜しくお願いします!

 

f:id:jazzjunkworkshop-blog:20151007103926j:plain

 

以上、第13弾でした~

 

メンバー紹介第12弾!

 

こんにちは!

いよいよRegへの体験乗りが始まり、普段演奏し慣れない譜面の練習にJr,Regメンバー共に励んでいます。

 

前回から間髪入れずに更新します!

今回紹介するメンバーは…

 

テナーコンビの相棒として、ここで紹介しないわけには行きません。

4th TenorSax 関根 みなみ です!

 

f:id:jazzjunkworkshop-blog:20151002181340j:plain

 

 4月にばっさり髪を切ってすっかりお姉さんスタイルになった彼女ですが、

何故か一部からは永遠の女子高生と呼ばれているとかいないとか

 

中学生の頃は生徒会長も務めていたそうで、しっかりものという印象が強い反面、

定期券や学生証を頻繁に落とすドジっ子な一面もあります。

 

去年からお隣のバンドサークル東大POMPにも顔を出し始め、活動の幅を広げているようです。

高校時代は軽音部に所属しており、意外(?)にもベースを弾いていたのだとか!

時々彼女から垣間見える、Rockの精神はそこからきているのかも。

 

f:id:jazzjunkworkshop-blog:20151002185326j:plain

 

実は歌詞を書いていた時代もあったそう。

どんな内容だったのか気になります…

案外メルヘンチックな詩を書いていたのかもしれませんね。

 

ここで、本人から一言いただきました!

 

「ピヨ〜っと、みんなをいじってきた広報係の正体は私です。残された一秒、一音、一文字を大切に、まだまだ成長していきます!皆さんブログを広めてね!!」

 

練習熱心な彼女らしいコメントで……ピヨ? 

?? 

彼女はたまに謎の言葉を発します。

ピヨもその関根語の1つで、主にびっくりした時などに使う感嘆詞だと思っていたのですが…

こんな用法もあったんですね…またひとつ学びました。

ちなみに高校生の頃の口癖はアベベ

落としたものが転がっていく様子を表す擬音語だそうです。うーん、わからない

 

f:id:jazzjunkworkshop-blog:20151002185859j:plain

 

ところで、第1弾からメンバー紹介を読んで下さっている方は今回の記事に何か違和感を持っていたかもしれません。

それもそのはず、今回だけは書き手を交代しています。

そう。関根さんの言う通り、今まで広報係としてこのブログを更新してくれていたのは彼女なのでした!

 

今回記事を代わりに書いてみて改めて思い知らされたのは、彼女のライターとしての素質!

 

去年まで某予備校の社畜として精神を削りながら会得したという広告作りのスキルがこうして真価を発揮していたわけですね…

 

f:id:jazzjunkworkshop-blog:20151003112512j:plain

 

そんな彼女は人一倍JJWのメンバー想い。周囲への気配りが上手く、落ち込んでいたりすると声をかけてくれる優しい性格から、彼女を慕う後輩も数知らず。

 

他のレギュラーメンバー15人全員の誕生日を手帳に書き込んで把握していて、こっそりとプレゼントを用意しておいてお祝いしてくれます。

 

本人の誕生日はまだなので、どんなプレゼントになるのか今から楽しみにしていて欲しいですね。

 

f:id:jazzjunkworkshop-blog:20151002183401j:plain

 

そんなJJWの看板娘、関根 みなみをこれからもよろしくお願いします!

 

以上、第12弾でした!!