読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京大学Jazz Junk Workshop 公式Blog

学内唯一のビッグバンド・ジャズサークル、Jazz Junk Workshop(通称JJW)の公式ブログ

メンバー紹介 第13弾!

こんにちは!関根です。

前回自分の紹介をしてもらった訳ですが、実際ちょっと恥ずかしいですね…

すばらしく良く書いてくれたので、とても嬉しかったです。

私もこっから負けじと書いていきますので、これからもどうぞ宜しくお願いします!!

 

 

そろそろ学祭のシーズンがやってきます!

今週末10/11 15:25-15:50

東京工業大学工大祭喫茶ロスガラにもJJW Reg.がお邪魔する予定です〜

ぜひお越し下さい!ロスガラさんは屋台で牛串も売っているらしいですよ〜

 

 

さてさて、残り4人となりました!

今回のメンバー紹介は、

VJO愛でバンドを導くDrums小花 芳輝です!

 

 

f:id:jazzjunkworkshop-blog:20151007102757j:plain


どんな曲もアツくてクールなドラミングを披露してくれるのは、
誰もが認めるJJW 影の立役者、E年ドラム小花くん。


彼は生粋のサドメル・VJOオタクであり、John Rileyを愛してやみません。

これまで、自身の演奏だけでなく、数々の参考音源や手作りの資料

JJWのサウンドを支え、向上させてきた小花君は、バンド1の熱血漢と言っても過言ではありません。


毎年11月頃に来日するビルボードのVJO公演でも
その情熱が遺憾なく発揮されており、毎年全公演参戦は当たり前!
今年はなんと、大阪まで行くとか?!ライリーへの愛はホンモノです。
もちろん公演の電話予約でも大活躍。サークル全体を指揮し、全力で座席を取りに行きました。見事にみんな生VJOを拝めます。ありがとう~!

 

f:id:jazzjunkworkshop-blog:20151007104249j:plain

 (おばなくんのエネルギーで背後の人もブレました)

 

そんなお金、どうまかなっているんだ?!と思った方も多いはず。

彼は、「安土桃山時代の盗賊」みたいな名前のスパゲッティ店でバイトをしています。

家でもオリジナルスパゲッティを作っているようで、料理の腕も着々と上げています。とにかく何に対しても熱心!なのです。

 

もちろん、セッティングに対してもこだわりが非常に強く、

シンバルもたくさん所有しています…

それゆえ、ライブの転換にも時間がかかります…

もちろんそのお金も「五右衛門」で働いているからこそ!

よっ!五右衛門!(※もう隠すのはやめました)

f:id:jazzjunkworkshop-blog:20151007105451j:plain

 

そんなアツい男、小花君ですが、都市工学科に所属しており、こちらの勉強にも熱心に取り組んでいます。

模型製作のため徹夜をし、そのままRegの本番をこなした後、打ち上げにもしっかり参加して、また本郷キャンパスへ徹夜しに帰る…というこのバイタリティ!そして体力!

こうして完成させた模型も学科2位を受賞するなど、自分で手にできる可能性は絶対に逃したりしません。

 

f:id:jazzjunkworkshop-blog:20151007103245j:plain

 

どうしてそんなに勝負強いのか?と不思議に思うのですが、

彼は「インナーゲーム理論をJJWに持ち込んでおり、どんな本番もなんのその。本番前に心構えについてや、Herbie Hancockなどの写真をラインに上げ、イメトレを促したりもします。超人…

 

そんなクールでアツい小花君は、ソロ裏でソリストをいじめるのが大好きなSっ気もあります。

でも、帰り際にこっそりソロについてアドバイスをくれたり、メンバーへの愛情もたっぷりなのです。

 

そんなご本人から一言!

「イーブンが一番スイングします。」

彼らしいナナメ上のご回答。ありがとうございます。

 

f:id:jazzjunkworkshop-blog:20151007104327j:plain

 

ここまで、クールアツいおばなくんについてお話して来ましたが、

噂によると、一昨年行った免許合宿では統合失調症を疑われたとか…?

時折見せるアスぺっぽさが彼の隠し味でもあります(隠してないかもしれません)

噛みしめてみてください。噛めば噛むほど味が出ます。

 

また、服装がE男の中でもずばぬけてオシャレ!という意見が(E男から)出ていたりします。要チェックです。ちなみに髪型もとってもオシャレです~

イケメンとの声も(E男から)上がっています。モテモテですね!(E男に)

もうひとつ付け加えておくと、彼はとても「ええ声」。笑い声も「ええ声」です。

声フェチのあなた!ぜひ話しかけてみてください。

 

f:id:jazzjunkworkshop-blog:20151007103734j:plain

 

彼は本当にストイックで、練習メニューも論理的に立てて、個人練に取り組んでおり、

ドラマーとしても、一個人としてもJJWという団体に絶対に欠かせない存在となっています。

録音係としても、超スピーディーに仕事をこなしてくれています。感謝。

 

そんな小花くんのプレーをぜひ、聴きに来てください。

後期も、より彼のドラムが輝きを放つこと請け合いです。

 

 

JJWのJohn Riley小花 芳輝をこれからも宜しくお願いします!

 

f:id:jazzjunkworkshop-blog:20151007103926j:plain

 

以上、第13弾でした~