東京大学Jazz Junk Workshop 公式Blog

学内唯一のビッグバンド・ジャズサークル、Jazz Junk Workshop(通称JJW)の公式ブログ

メンバー紹介 第15弾!

こんにちは!学祭ラッシュが続いていますね!

10/31 青山学院大学  青学祭

青山キャンパス9号館922教室

14:20-14:50

11/1 立教大学 SPF

池袋キャンパス8号館8301教室

11:10-12:10 JrもRegも演奏します!

11/1 上智大学 ソフィア祭

15:00-15:30

この学祭にて、Reg.体験乗りも終了となります。ぜひ、お立ち寄り下さい!

 

そして、

あと2人となったメンバー紹介…

 今回は、満を持しての登場、2nd Trp 箸蔵 颯太です!

f:id:jazzjunkworkshop-blog:20151022094218j:image

JJW Reg.唯一の3年目、ベテラン箸蔵君もついにE年となり、JJW最高学年を迎えました。彼のサドメルへの知識や愛、そして確かなジャズのfeelが、このバンドを引っ張ってくれています。


C年時代からRegとしても活動していたため、年上の先輩からの寵愛を受け、
すっかり弟キャラあざといキャラとなっていった箸蔵君。

f:id:jazzjunkworkshop-blog:20151022094436j:image 

彼はD年春、このままでは同期や後輩となじめない…と焦ったがために、
Jrバンマスに立候補し、見事にその仕事をこなしていました。


年上の方々に可愛がられた影響か、にじみ出てしまう大御所感。
現在のC年、特にC女には「怖い」という印象を持たれているよう。

f:id:jazzjunkworkshop-blog:20151022094412j:image


夏合宿のアンケートでは話しかけづらい人ナンバーワンという結果に…
(ちなみに話してみたい人ナンバーワンには選ばれず…)

みなさん、ぜひ話しかけてみてください。おすすめは「いい天気ですね」です。

 

そんな箸蔵君は、音楽だけでなく、美術にも関心があり、
美術館やギャラリー巡りをしたり、本や映画を鑑賞すると、ブログにその日のことを綴ったりします。
学芸員課程を履修中らしく、忙しい中、美術館の実習にも参加していました

(私は、どことなく箸蔵くんの語り口調が残り、読みごたえもある彼のブログが好きで、ブックマークして定期的にチェックしています…)

言葉だけでなく、服や持ち物に独特のセンスを感じます。ちょっぴりリスペクト。

f:id:jazzjunkworkshop-blog:20151022094555j:image 

 

さて、普段の箸蔵君はどんな人かというと、
多くの箸蔵流オタク語」を持ち、「オタク」として彼自身の口癖をJJW内に蔓延させているとかいないとか…?

まさに陰の権力者感がありますね。
「パオーン」「それ、なんだよなぁ~」「ばぶー」「死にます」「キレました」他

 

黒人映画などのスラングのマネをしていて、それで一部のメンバーとコミュニケーションを取っていたりします。
このように様々な箸蔵流オタク語録」を持っていますので、

実際に彼に会った際は ぜひ確認してみてください。すぐに聞けると思います。

f:id:jazzjunkworkshop-blog:20151022094741j:image

 

ここで御本人から一言!

「残すところ2ヶ月となりましたが、ここからが真髄という心持ちです。一音一音を敬虔につくってゆきたいと思っておりますので、ぜひ聴きにいらしてください。」

箸蔵くん、手書きでは書けないであろう漢字を使ってきました。ぜひ聴きにいらしてください!

 

そして!!彼のあざとさと言えば、なんと言っても写真です。ご覧下さい。

f:id:jazzjunkworkshop-blog:20151022100247j:image

カメラを向けると、

そそくさとすり足で逃げる箸蔵

そして、、

f:id:jazzjunkworkshop-blog:20151022094923j:image

柏の後ろに隠れてしまいました!

 

あまり表情筋が発達していないせいなのか、本当に感情がないせいなのか...

他の人とは一線を画し、「無邪気な笑顔」で写真に写ることはほぼありません。
独特の決めポーズがあったり、表情がキザだったりします。なんだかんだキマっているのがズルイですね。

f:id:jazzjunkworkshop-blog:20151022094710j:image

ちなみに、弟キャラ、可愛いキャラはもう卒業したらしいです(自称)

 

少しぶっきらぼうな印象もある箸蔵くんですが、JJWへの秘めたる思いは誰よりも強く、密かにメンバーのことを考えてくれています。

f:id:jazzjunkworkshop-blog:20151022095726j:image

彼の演奏を聴けば、きっとそれが伝わってくるはずです。ご注目下さい! 

そして、時折見せるあざとい表情もポイントです。

 

JJW 影のドン箸蔵颯太をこれからも宜しくお願いします!

f:id:jazzjunkworkshop-blog:20151022094101j:image