東京大学Jazz Junk Workshop 公式Blog

学内唯一のビッグバンド・ジャズサークル、Jazz Junk Workshop(通称JJW)の公式ブログ

ぶんぶんぶんぶ ぶんかの日【11月活動報告&告知+α】

秋も深まる11月、つい先日は文化の日

すっかり学祭シーズン、いろいろな大学が多くの人でにぎわう季節。

"芸術の秋"の名を冠するに相応しいイベント(と、そうでもないイベント)があちこちで催されていますね。


☆     ☆     ☆


みなさんこんにちは。先日修理に出したスマートフォンがやっと戻ってきました、たこハムです。

先週は秋晴れに恵まれた一週間でしたね。一人暮らしあるあるだと思うのですが、「こういう日には洗濯物を干さなくては」という強迫観念に駆られます。


まえがきでも触れたとおり、今は学祭シーズン真っただ中。

お出かけ先の学祭でJJWメンバーが企画バンドで演奏する姿を見かけた方も、もしかしたらいらっしゃるかもしれませんね。

 

もちろんJJWレギュラーバンドも、学祭に出張してきました。具体的には、JARTコンサートでもご一緒した上智青山学院立教の3大学を巡ってきました。聴きに来てくださった方々、ありがとうございました!

 

 

「あれ、いつもの顔ぶれとなんか違う?」

演奏を見ながらそう思ったそこのあなた。スルドイですね。

実は例年この学祭回りの時期から、「体験乗り」というイベントを行っているんですよ。ジュニアバンドに乗っている子たちに、レギュラーバンドがどんな曲を演奏しているのかを実際に一員となって体験してもらう、そんな企画です。

もしかしたら、この体験乗りを経験した人が、来年のレギュラーメンバーになっているかもしれないわけです。次世代の風を感じますね~。

 

☆     ☆     ☆

 

さて、学祭といえばもちろん我々主催の学祭もあります。

 

駒場祭

f:id:jazzjunkworkshop-blog:20181107025008j:plain

駒場祭のころあいは銀杏並木が見頃です

 

11/23(金・祝)、11/24(土)、11/25(日)の三日間にわたって開催されます。

JJWの演奏はもちろん、他大の学バンさん、現役生の企画バンド、OB・OGバンドなど、入り乱れてのステージ。編成も、ビッグバンドからコンボ、デュオなどなど何でもありの三日間になっております!!

f:id:jazzjunkworkshop-blog:20181107115043j:plain

↑気になる出演バンドとタイムテーブルはこちら

 

是非足をお運びくださいね! きっと外寒いし!

 

☆     ☆     ☆

 

さてさて。

今回から一ヶ月の間、このブログでちょっとした特別企画をやろうと思います。その名も、「たこハムが勝手にRegメンバーを紹介しちゃうコーナーです(ネーミングそのまんま)。

普段の本番だと、MCでメンバー紹介をしたくても尺の都合でできない、っていうもどかしい場面が多々あるんですよ。そんな溢れるメンバーへの僕のを、このコーナーで少しでも伝えられたらなと思います。コラ、そこ、気持ち悪いとか言わない。

 

では早速。11月第1週(の予定だった)は、ビッグバンドの最前列を務め、本番ではいつも箱譜面の見づらさに悩まされているサックスセクションをご紹介します!!

 

Lead Alto Sax 三好 伊織 (E年)

f:id:jazzjunkworkshop-blog:20181109212346j:plain

「どうも、駄文製造機です。いつもご愛読ありがとうございます」

出身:生まれ…大阪府 育ち…広島県

好きな食べ物:油淋鶏

好きな色:青系、白

趣味・特技:口笛が3オクターブ出る

なくて七癖:腰を落ち着けると半径1mを自分のもので散らかしてしまう(ホテル着いたときとか特に)

 

虫を追いかけタスクに追われる男、三好伊織(みよしいおり)。いおりん、たこハム。JJWRegのリードアルトとして、マネとしていつも私たちを引っ張ってくれています。

虫取りカゴを持って練習に来たり、急にパーカスに目覚めたり、お酒飲んで真っ赤な顔で語り出したり、チャリンコで爆走してたり、本当に見てて飽きないんですよね。

f:id:jazzjunkworkshop-blog:20181109213453j:plain

↑金沢にて。海鮮丼を食べご満悦の表情

とにかく存在感がある人です。うん。オーラとかもあるし。何よりいおりんが動いた軌跡には彼の私物がいっぱい広がってるんで。(物なくさないでね)

本当にいつもありがとう。一同大感謝しています。
(たまにはゆっくり休んで欲しいなと思っている4thTb 長沼でした。)

 

3rd Alto Sax 佐藤 嶺 (D年)

f:id:jazzjunkworkshop-blog:20181109214444j:plain

「残りあと2ヶ月、佐藤伝説はまだまだ続くのだっ!」

出身:千葉県

好きな食べ物:餃子、寿司

好きな色: メタリックカラー、特にブルー

趣味・特技:文房具(特に筆記具)の収集

なくて七癖:あって四十八癖

 

ぱっと目に付くハンチング帽。おっきなメガネ。そしてアゴ

リードハットの三好に劣らない存在感を放っているのが、3rd Altoの佐藤嶺(さとうれい)です。

Jrではコンサートマスターとしても活躍する彼。この学祭シーズンはソプラノからバリトンまでサックスを使いこなし、いろんな企画バンドで精力的に活動しているようです。顔が広い、うらやましいなぁ。

f:id:jazzjunkworkshop-blog:20181109235622j:plain

↑「奇跡の一枚」と称される写真。次回予告で死にそうなアゴ

そんな彼ですが、JJWのれぎゅではかなりお調子者の部類。特にスキンシップがやや過剰な節があり、相手が先輩だろうと構わずしかけていく姿をよく見かけます。

最近は合奏中に寒いギャグをすかさずかましてくるので、となりにいる筆者は回収に困っています。誰か助けて。

 

4th Tenor Sax 西脇 佑理 (D年)

f:id:jazzjunkworkshop-blog:20181110002813j:plain

「最近寿司屋でバイトを始めました。まかないが美味しくて幸せです。」

出身:愛知県

好きな食べ物:明太子

好きな色:青

趣味・特技:テナーサックスが吹ける

なくて七癖:なくて七癖ってどういう意味ですか?

 

ゆるゆるっとした服装のテナー奏者を見かけたら、きっとそれは4th Tenorの西脇佑理(にしわきゆうり)でしょう。

高校時代はバレーボール一筋だった彼ですが、大学入学を機にJazzに転向。最近は他大学のコンボジャズサークルにも足繫く通い、その貪欲さはとどまるところを知りません。

f:id:jazzjunkworkshop-blog:20181110033032j:plain

↑山野予選会場へと向かう電車の上で彼はひとりドラクエをやっていました。最近はポケモンGOにはまってます

なんと、『なくて七癖』ということわざを知らなかった彼。ちょっとおつむが弱いのか、「あっ、そういうことだったんですね(笑)」とワンテンポ遅れて会話についてくることがままあります。かと思いきや、難しい物理の話(筆者にはちんぷんかんぷん)を急に振り出したりするので、やっぱり彼も東大生なんだなぁと感じます。

 

5th Baritone Sax 齋田 茉帆 (D年)

f:id:jazzjunkworkshop-blog:20181110040129j:plain

「齋田でした。バリトンもっと上手くなりたいです。」

出身:茨城県牛久市

好きな食べ物:大学芋

好きな色:最近は赤が好きです

趣味・特技:インスタで無限にでてくる小動物の動画を見ること

なくて七癖:無意識でバスの整理券を何重にも折ってしまうこととか、、

 

5th Baritoneを操るサックスセクションの紅一点かつ最年少の彼女の名は齋田茉帆(さいたまほ)。みんなに「さいたま」「さいたま」と呼ばれていますが、れっきとした茨城県民です。今はすっかりバリトンを構えた姿が板についていますが、元はなんとクラリネット奏者! Regの演奏でもたまに持ち替えてくれます。一回ソロ聴いてみたいなぁ。

f:id:jazzjunkworkshop-blog:20181110040157j:plain

 ↑アルコールが入ると笑い上戸に磨きがかかります

ここだけ聞くと完璧な後輩に聞こえますが、実は彼女、相当な笑い上戸です。筆者がセク練でしょ~~もないジョークをかましても、必ずげらげらくすくすと笑ってくれます。その姿は多くのRegのメンバーを救ってきました。「齋田が笑うのを止めたとき、それは世界が滅びる前触れである」と筆者は信じています。

 

以上、平均学年の最も若いサックスセクションでした。なお、自分の記事のところは4th B.Tbの長沼に書いてもらいました。次回はそんな彼女も含めたトロンボーンセクションを紹介予定です。お楽しみに!

 

☆     ☆     ☆

 

先週とは対照的に、今週の空模様はぐずってますね。「〇〇心と秋の空」とは、よく言ったもんです。雨に濡れた洗濯物を見ると、何とも言えない気持ちになります。

最近は僕の周りでも体調を崩す人が本当に多いです、悲しい……。急に冷え込むこともございます、どうか暖かい恰好でお過ごしくださいね。

以上、まだシャツ一枚で生活している筆者からのお願いでした。

 

 

それではこのへんで!

 

たこハム(最近サブタイトルが適当になっている気がしないでもない)