東京大学Jazz Junk Workshop 公式Blog

学内唯一のビッグバンド・ジャズサークル、Jazz Junk Workshop(通称JJW)の公式ブログ

4月までの活動報告&5月の宣伝!

こんにちは!そしてはじめまして!

2019年度このブログを担当させていただきますのは、JJW'19Regの4thTrpを担当しております、黒江です。

1年間宜しくお願い致します。

 

2月から活動が始まり、はやくも3ヶ月経ちましたので、それまでの平成31年の活動報告をさせていただきます…!

 

 

3/14

シンジュク 春のジャズ祭り

@新宿someday

 

f:id:jazzjunkworkshop-blog:20190507161209j:image

 

東工大ロスガラチェロスさんと、昭和音大リリージャズオーケストラさんとのジョイントコンサートでした!

2019年度レギュラーバンドの初の本番でした!

 

 

3/18~3/22

春合宿 @ゆうげん荘

 

4月以降の本番に向けて、RegもJrも5日間みっちり朝から晩まで楽器を練習しておりました!

 

f:id:jazzjunkworkshop-blog:20190507161448j:image

 

合宿最終日に撮った集合写真です!◎

今年度初の集合写真ですね〜合宿終わりでやや疲れが表情から見えていますね笑(あと、日光が眩しかった)

 

 

また、新入生に向けた新歓活動としては、

 

4/1,4/2

サークルオリエンテーション

4/13

新歓ライブ

などを行いました。

 

f:id:jazzjunkworkshop-blog:20190507162102j:image 

 

上の写真はJrバンドの演奏の様子です!フレッシュ!

 

新歓期の活動も功を奏して、新入生もぞくぞくと入ってきてくれました!\(^^)/

部員一同とっても嬉しいです!一緒に今年度のJJWを作っていきましょうね!

(トロンボーンは絶賛募集中なので、是非…!)

 

 

さて、ここからは5月の本番の宣伝をさせていただきます。

 

 

5/12

山野ビッグバンドジャズコンテスト

東日本予選  @杜のホール

 

そうです、山野予選です。

わー早いですね…もう残り1週間を切ってしまいました。

山野予選に向けて、良い演奏ができるように日々全力で練習しております。

 

GWも10連休の中、朝から毎日練をしてました…!なかなかハードでした。

でも、練習した分だけ演奏面での成長も出来ていると思います。

 

5/12!!!応援よろしくお願いしますm(_ _)m

 

 

5/18,5/19

五月祭 @東京大学本郷キャンパス 

               法文1号館西 文315

 

f:id:jazzjunkworkshop-blog:20190507162745j:image

 

山野予選の一週間後は、五月祭です。

Jr.やReg.の演奏はもちろん、他大学さんのビッグバンドや、企画バンドが目白押しですので、是非みなさまお越しください!

 

長くなりましたが、2019年度平成までの活動報告でした!

令和もJJWを宜しくお願い致します!

「幸」住むと 人のいふ【最終号】

すっかり木枯らしの吹き荒ぶ季節となりました。

街角に佇む柳の木はそよそよと、僕たちのために泣いてくれているのでしょうか。

一つの大きな別れを経験した、僕たちのために。

 

☆     ☆     ☆

 

みなさんおひさしぶりです。年の瀬、いかがお過ごしでしょうか。

下宿先のテレビは映らないけど受信料はきっちり払っているたこハムです。僕は実家に帰って紅白という極めて一般的な年越しスタイルを取っております。そしてやっぱりブログを書いています。年末にこんなブログを読んでくれる方が果たして何人くらいいるのでしょうか……

 

まずは、先日のリサイタルにご来場いただいた皆様、ありがとうございました!

信じられないくらい楽しいステージでした。往々にして「ステージは観客無しにして成り立たない」という話を聞きますが、皆様の歓声や拍手で会場が湧くたびに、そのことを実感しながら演奏しておりました。

f:id:jazzjunkworkshop-blog:20181231201903j:plain

↑JJW'18のメンバー @Live in Buddy 江古田

 

これにて今年度のJJWはすべての活動を終え、メンバーは解散。それぞれの道を歩んでいくことになります。音楽を続ける人、学業に専念する人、就活に汗を流すことになる人……いろんな人がいるから、いろんな道があるんですね。しみじみ。

JJWでの出来事は僕たちの中で過去のものとなっていくわけですが、色褪せずに残っているといいなぁ。

 

☆     ☆     ☆

 

さて、ここからは少しばかり自分語りを。

僕がこのサークルに入ったのは2年と8か月前です。当時は知っているビッグバンドの曲は数えるほどしかなく、「Count Basieってなに?」「サドメル? 聴いたことない」というような状況でしたが、今ではすっかりジャズを聴く体になってしまいました。

 

僕がこのサークルに入れたのは、数々の偶然と縁と出逢いがあったおかげだったと思っています。

小学校に来た地元のオーケストラの演奏と、ゲームを初めてイヤホンを刺してプレイしたときの感動で、音楽が好きになったこと。

中学の吹奏楽部で、じゃんけんに勝ってサックス担当になれたこと。

顧問の趣味で、ビッグバンドもやる吹部だったこと。

大学受験に成功し、広島から東京へ来れたこと。

高校の頃の先輩が、このサークルのOBだったこと。

入る学校が違えば僕はジャズに触れることもなかっただろうし、僕の祖母がゲームを買ってくれなければそもそも音楽に目覚めることもなかったでしょう。

 

今年のRegも、そんな数々の偶然が重なって集まったメンバーなんだと思います。

それぞれが、それぞれに、音楽に触れ、楽器に触れ、ジャズに触れる何かしらのきっかけがあったはずで。僕の知らない各々の背景に思いを馳せると、感慨深くなると同時にちょっとだけ、胸がきゅっとなります。

 

アルバムを見返しながら、今年のことを思い返していると、少し不思議で素敵な気持ちになれます。本当にいろんな人がいたなぁって、去年のバンマスさんのリサイタルでの言葉が、一年越しに沁みて。新年を迎えるにあたり、心を新しくしたいところではありますが、もう少しの間だけ、浸っていてもいいですか。

 

☆     ☆     ☆

 

平成最後の大晦日の夜も更けてまいりました。除夜の鐘も鳴りだすことですし、何より年越しそばをすすらなくてはならないので、そろそろ筆を置くことにします。

だらだらと、大した内容もなく、更新も遅く、、、という体たらくではございましたが、サークルへの愛だけは一級品のブログだったと自負しております。最後までお付き合いいただいた読者の皆様、ありがとうございました。

 

それでは、このへんで。よいお年をお迎えくださいませ。

 

たこハム(幸せな3年間でした)

色は匂えど 散りぬるを【リサイタル直前号!】

最後の練習から一夜明け。

いよいよ最後の本番当日の朝がやって参りました。

今日の佳き日に、僕はというとやっぱりブログを書いています。

書き物をしていると心が落ち着くので。

 

☆     ☆     ☆

 

皆さんおはようございます。

この前口上を唱えることももうほぼないのだろうと、感慨深い思いをしているたこハムです。 

リサイタル直前ですが、もう少しだけ記事を書こうと思います。

 

☆     ☆     ☆

 

まずはメンバー紹介のコーナーから、これも今回で最後になってしまいました。

第5弾は番外編、Regに乗ってたり乗ってなかったりする人たち(の一部)の紹介です。

 

前期2nd Tenor Saxophone 今井 真子(E年)

f:id:jazzjunkworkshop-blog:20181216015718j:plain

「人生ハードモード」

出身:別海町

好きな食べ物:吉祥寺sreamyのクッキー

好きな色:東雲色 (愛鳥の由来です)

趣味・特技:おえかき

なくて七癖:喧嘩売買

 

ちょーっと口調が喧嘩腰、でもいったん仲良くなると、とことん甘え上手。そんなJJW永遠の妹が、2nd Tenorの今井真子(いまいまこ)です。

ニックネームの「いまこ」が浸透し過ぎて、「いま いまこ」さんと勘違いされることもしばしば(本人は結構不満らしい)。

超高感度の絶対音感の持ち主で、しかもピアノも弾ける、実はトロンボーンも吹けるというスペックの高さを持っています。

f:id:jazzjunkworkshop-blog:20181216015819j:plain

↑少々口がオラついてても、やっぱり甘いものが好き

 

趣味はコスメ、甘いお酒・お菓子集めと、かわいいものを求める傾向にあり極めて女子力高し。たまにお菓子も作って持ってきてくれてたような気がします。

最近は文鳥さんを飼い始めたらしく、SNSに写真や動画をちょくちょくアップロードしてます。小動物大好きな筆者、羨ましい限り。ずるい。ちょーずるい。こんどまた手乗り文鳥させてね。

 

後期2nd Tenor Saxophone 中田 健人(F年)

f:id:jazzjunkworkshop-blog:20181216021727j:plain

「トラという立場ではありますが、関わらせてもらえて嬉しいです。院試通ることを祈っていて下さい(*_*)」

出身:神奈川県

好きな食べ物:家系ラーメン(固め 濃いめ)

好きな色:銀(オタクなので)

趣味・特技:古典を読む 教える! 自分の口癖を流行させる

なくて七癖:風呂に入るとき 風呂場の椅子の上にまず立つ

 

ひときわ目立つ天然パーマのお兄さんが中田健人(なかたけんと)、後期のいくつかの本番を2nd Tenorで乗ってくれているJJWのOBです。

この界隈の人に往々にして言われがちですが、この人もご多分に漏れず音楽と日常会話のボキャブラリが反比例してるタイプです。言わずもがな、後者の方の語彙がご愁傷様です。魔剤ドラゴン。

f:id:jazzjunkworkshop-blog:20181216021745j:plain

↑太田本選では佐藤(3rd Alto)のハンチングで天パを封印。かぶっただけで変装になる

 

後輩に絡むのが好きらしく、何かと話しかけてくれます。その話題はたいていがしょーもない内容なのですが、ときには音楽の深い話に。いくつもの学バンを渡り歩いてきただけに、とても含蓄ある話を聞かせてくれます。

文系4年生ということで今は卒論を書き終え、院進を目指し勉強をがんばっているそう。お忙しい中本当にありがとうございます……!!

 

2nd Trombone 津田 崇史(D年)

f:id:jazzjunkworkshop-blog:20181216025517j:plain

「クソデカ色文字で表示されるんですよね、知ってます」

出身:生まれは岩国、育ちは相模

好きな食べ物:最寄り駅の油そば屋「仁兵衛」の鶏塩まぜそば

好きな色:秋っぽい色

趣味・特技:趣味…寝ること 特技…寝ないこと

なくて七癖:悪い癖なんですが、アンブシュアの維持とかに気を回しすぎてついついブレスがおろそかになってしまいます

 

このブログのもう一人のライターでもあり、JJWが誇るデザイナーでもあるT君、その正体はD年Tb・津田崇史(つだたかし)です。

雰囲気とてもさわやか好青年なのですが、話し方や仕草など、随所に"東大生"らしさが滲み出ています(いつも前髪長いけど、楽譜見えてるのかなぁ……)。

f:id:jazzjunkworkshop-blog:20181216032510j:plain

↑このビビッドピンクなアロハシャツは……!

 

ライターとデザイナー、役職面でも二足のわらじ(前者は僕がなかば強引に履かせた)の彼ですが、実は学バンも二足某工大ロス・ガラチ○ロスにもJrで乗ってるんですね。なんと昨日もリサイタルに出演してきたようです。2日連続リサイタルってすごいな。今日もがんばってね。

あと、個人的に趣味が合うので、今度飲みましょう(それをブログで言ってどうする)。

 

というわけで以上、レギュラーメンバー紹介のコーナーでした。

紹介しきれませんでしたが、エキストラで乗ってくださった先輩、後輩、そして同期は他にもいます。この場を借りてお礼申し上げます。ご助力ありがとうございました。

 

☆     ☆     ☆

 

さてここからは!

いつもブログを読んでくださっている皆さんにちょこっとだけ! リサイタルの曲を先行公開しようと思います!!

 

1st Stage

◆Mean What You Say

 言わずとしれたThad Jonesの代表曲。サドの口癖、"Say what you mean, mean what you say(言いたいことを言え、言うからには本当のことを言え)"から曲名がついたというエピソードはあまりにも有名。

 コンマス大西が「サドのエッセンスがつまった1曲」と評するこの曲をオープナーに据え、今宵皆様をめくるめくサドメルワールドへとご招待いたします。

 

◆Once Around

 これもThadの時代から長く演奏されてきた1曲。わかりやすくかっこいい。なんと、今年のRegのSaxセクションのうち4名、Tbセクションのうち3名がこの曲のソロを経験しています。コードがCm7一発なので、一発芸ソロが取りやすい曲なんでしょうね。

 こら、そこのベーシスト達、「ク〇モード曲」とか言わない。

 

2nd Stage

The Queen Bee

 Count Basieの必修アルバムこと「Straight Ahead」にも収録されているゆったりSwingナンバー。初めて聴いても特段感じるところはないのですが、色々な曲(ごりごりのファストとかキモい和音のコンテンとか)を吹いてきた後に帰ってくると、「あ……いい曲だ……」と気づける曲です。いい曲だ……

 

◆One Finger Snap

 サドメルVJOはRegの専売特許じゃない!!

 Jrバンドがステラジャムで披露したFastナンバー。Herbie HancockクインテットのナンバーをBob Mintzerというテナー奏者がVJOのためにアレンジしたものとなっております。原曲にはないパートも多いですが、それが見事に曲のクールさにマッチしている名アレンジ。Sub. by Hancock→Arr. by Mintzerの曲は他にも4つあります。ぜひ探して聴いてみて。

 

3rd Stage

◆Cherokee

 たまにゃあRegもサドメル以外の曲だってやるんです。

 どこまで爆速でやれるか。しばしば腕利きのミュージシャンたちがせめぎ合う際の題材になるこのスタンダード、実は歌詞があるのをご存じだったでしょうか? しかもけっこう甘めな恋の歌なんですよ。

 今回はChris Waldenの遊び心溢れるアレンジでお届け。屈伸はしません。

 

◆Hello and Goodbye

 時代は少し進みまして、Thadが離脱したのちのMel Lewis the Jazz Orchestraの頃の曲。偉大なるトロンボニスト、Bob Brookmeyerの作です。

 この曲から感じ取れるのは、「淋しさ」、「儚さ」、それと少しの「物悲しさ」……でも、「絶望」や「深い悲しみ」は全く感じられない、とても爽やかで不思議な曲になっております。"出逢い"と"別れ"……悲しみがつきものですが、そんなときも爽やかでありたいものですね、この曲のように。

 

以上、セトリちら見せのコーナーでした。

もちろん他にもまだまだ曲をご用意しております。

会場についてからのお楽しみに~!

 

☆     ☆     ☆

 

たった1年弱でした。

もう、明日の今頃には、私は最後の演奏を終え、レギュラーバンドを引退していることでしょう。驚くべきことに、この間ひとつも歳をとっていない人だっているのです。短すぎて笑っちゃいますよね。

 

それでも。

この短い短いひとときの中に、ほんっとうに色々な経験、様々な感情が渦巻いている。今になって見返してみると、まるで自分がおじさんになって、長い長い青春時代を思い出しているかのような気持ちになります。

 

いけないいけない。

じっくり振り返るのは、僕が本当におじさんになったときのためにとっておきましょう。歳を取る楽しみがなくなってしまいますからね。

 

さて、お時間のようです。

東京大学Jazz Junk Workshop、第37回リサイタルが幕を開けます。

六十余名の織り成す、若さ溢れる3時間半のステージ、とくとご覧あれ!!

 

たこハム(最後くらいいいじゃない、夢見たって、酔いしれたって)

泣くや霜夜の さみしろに【師走増刊号 其の弐】

ついに気温が一桁台になってきました。

流石に寒いのでコートを着ていくと、行く先々で「たこハムがコート着てる、今日は相当寒いんだな」と言われます。

どうやら僕の服装は寒さの指標になるようです。

 

☆     ☆     ☆ 

 

みなさんこんにちは、3日に2回はこたつで寝落ちて朝を迎えているたこハムです。うちのアパート、壁が薄いのか暖気がすぐに逃げてくんですよねぇ。こたつに潜ってないとやってられません。(まさか大家さんこのブログ見てないよね??)

 

さて、以前からたびたび触れていましたが、今回はしっかり宣伝しようと思います。

 

Jazz Junk Workshop 37th Recital

f:id:jazzjunkworkshop-blog:20181206025930p:plain

↑もちろんT君作のフライヤー。毎年この時期は装飾係がこき使われます

 

やってきました、リサイタル

ついに3日後ですか。ほぉ~。

練習も残すところあと1回。ふーん。

 

 

……ヤバいですね。

 

会場の"Live in Buddy 江古田"西武池袋線江古田駅」南口を出てすぐそこです。

簡単なタイムテーブル(予定)は以下の通り。

 

15:00 開場

15:30 1st Stage(Regular Band)

16:40 2nd Stage(Junior Band)

18:00 3rd Stage(Regular Band)

 

今年のJJWの正真正銘ラストステージです。

皆様、ぜひ、ぜひ、ぜひ お越しくださいね!!

メンバー一同、お待ちしておりますので!

 

☆     ☆     ☆

 

さて、メンバー紹介もいよいよ大詰めになってきました。

第4弾、合奏中に唯一お菓子を口にすることのできる(ずるい!)、リズムセクションの紹介です!

 

Pianoforte 久米 弘朗(F年)

f:id:jazzjunkworkshop-blog:20181213035347j:plain

「ビッグバンド初心者ですがよろしくお願いいたします!」

 

出身:大阪

好きな食べ物:合奏中に食べるグミ

好きな色:赤と青

趣味・特技:ストレス耐性

なくて七癖:机の回りを白熊のように回る

 

どことなく子犬のような雰囲気の漂うPfのお兄さん、久米弘朗(くめひろあき)

慶應義塾ジャズ研部長も務める彼は、卓越したコードの知識を活かしてレギュラーバンドの演奏に華を添えてくれています。即興のソロは勿論、コンピング(=ソロのバッキング)もしっかりと理論に基づいていてすごい。

f:id:jazzjunkworkshop-blog:20181213044620j:plain

↑すべては合奏後のこの一杯のために……!

 

その中身は、お酒が入るとあらゆる話がとめどなく出てくる、それはもうただのおじさん。ことあるごとに「飲もう!」とメンバーを引っ掛け(ようとして半分くらいの確率で失敗し)ています。

なお、Reg最年長であることを気にしているのか、「くめじい」などのあだ名で呼ぶと毎回ご丁寧にぷんすか怒ってくれます。面白いですね。

 

WoodBass 小山 里奈(E年)

f:id:jazzjunkworkshop-blog:20181213045118j:plain

「2ヶ月間の命でしたが楽しかったです。」

 

出身:大阪

好きな食べ物:ポン酢

好きな色:青緑色

趣味・特技:美術館巡り、徒歩、掃除

なくて七癖:常に腕まくり

 

今秋から乗ってくれている明治BSSO出身のBa・小山里奈(こやまりな)は、すべてのJJW男子が慄く超絶イケメン女子。腕まくりにベリーショートの髪が似合っています。

筆者とは2年前のジョイコンで打ち上げの席が偶然向かいだったので知り合いになってましたが、まさかこのような形で一緒に演奏することになるとは(乗ってくれてほんとにありがとう)。ウッドベース特有のカリカとした音作りがとても心地いいです。

f:id:jazzjunkworkshop-blog:20181213045205j:plain

↑寒い日は時折ベースと一体化している姿が観測される

 

USB安全ピンなどのデザインの前衛的おしゃれピアスや、浮世絵クリアファイルなど、その美的センスには一癖も二癖もある模様。

また、特定のコードや調が"刺さる"らしく(筆者とてもよくわかる)、曲を聴きながら「ここ、ここだよな」という話でよく盛り上がります。本人曰く「合奏してるだけで、好きなコードできゅんきゅんするから人生ハッピー」なのかもとのこと。よかったですね。

 

Guitar 川榮 修平(E年)

f:id:jazzjunkworkshop-blog:20181213045441j:plain

スマブラ発売を待つだけの人生」

 

出身:キティの統べる街・多摩

好きな食べ物:あおさの味噌汁

好きな色:灰・青

趣味・特技:趣味は製図室で寝ることです 特技はどんな椅子でも並べて寝られることです

なくて七癖:合奏中暇すぎて寝る

 

ビビッドレッドなショルダーがチャームポイントのGt・川榮修平(かわえしゅうへい)、ちょっとキザなところもあるおしゃれボーイ。一時は「イキリメガネ」なんて不名誉なあだ名をつけられていましたが、僕は基本的に彼のこと好きです(笑)。

現リズム隊では唯一のJJWJr出身者で、クリーンな音色のギターでエモいソロを聴かせてくれます。

f:id:jazzjunkworkshop-blog:20181213045906j:plain

↑Jr時代から頼れるドライバー。写真も料理も上手、JJWの「お父さん」

 

学業面では拘束時間が恐ろしいという建築学に所属しており、本当に大変そう。

忙しそうにしている割には趣味のゲームをしっかりちゃっかり買っており、スマブラSPもきっちり発売日に購入したようです。(うらやましい!!!)

いや、でもさ。新歓イベントの受付業務中でさえSwitchやってるのは流石にどうなのよ。これでも去年はほんとに立派なJrバンマスだったんだけどなぁ……。悲しいですね。

 

Drums 内田 佳奈子(E年)

f:id:jazzjunkworkshop-blog:20181213050652j:plain

「あと少し、楽しみますヾ(´▽`*)ゝ」

 

出身:東京

好きな食べ物:貝

好きな色:エメラルドグリーン

趣味・特技:早歩き

なくて七癖:ガチャガチャあったら見ちゃう

 

バンドの後ろから曲の骨格を形作っているのは、早稲田ハイソ出身のDr・内田佳奈子(うちだかなこ)。小学生の頃からジャズドラム1本でやってきているらしく、綺麗なレガートを聴かせてくれます。

今年のリズムセクションまとめ役であり、合奏でも積極的に意見してくれるとても頼もしい存在です。リズム楽器ならではの観点は、管楽器の筆者としても超助かってます。

f:id:jazzjunkworkshop-blog:20181213050807j:plain

↑実はしょーもないイタズラが好き。そしてこの顔である

 

練習以外の場面では性格ががらっと変わり、途端にメンバーをいじり始めるあどけない姿が散見されます。反応を見てはご満悦の様子ですが、逆に自身はいじり耐性がないらしく、いじられるとすぐ話題をそらそうとするクセが。

帰り道では「え、電車が同じ方面の人いないの……?」と聞くなど、意外に寂しがり屋さんな一面も。かわいいですね。

 

Drums / Master of Ceremony 鈴木 純(D年)

f:id:jazzjunkworkshop-blog:20181213051126j:plain

「ディズニー不足です。誰か一緒に行きませんか!?」

 

出身:静岡県静岡市

好きな食べ物:甘いもの何でも

好きな色:深めの緑

趣味・特技:映画とドラマを観まくること

なくて七癖:メガネのフチを駆使して、人と直接目が合わないようにしがち

 

今年のRegular Bandは彼抜きでは語りえません。Dr・鈴木純(すずきじゅん)。

Regメンバーが確定していなかった頃や、内田不在時のピンチヒッターとしてドラムの席に座ってくれていました。この前の太田ジャズフェスでは、クールで瀟洒MCも披露。(まぁなぜかサンタの恰好をしていましたが……。)

とにかく、掛け値なしに準レギュラーとして今年のRegを支えてくれた後輩です。

f:id:jazzjunkworkshop-blog:20181213122928j:plain

↑夏の大会"ステラジャム"では「MCをするとテンポがぶれるから」という理由で、泣く泣くDrに専念したというエピソードも

 

美術・芸術学を専攻する文学徒であり、MCにも現れる言葉選びにはやはり文系ならではの薫りが漂います。

私服もジャケットに襟付きシャツというフォーマルめのものを好み、小綺麗なマスコット的存在としての地位を確立。その一方でディズニーガチ勢という、ファンシーな一面もあるようです。素敵ですね。

 

以上、JJWのインターナショナル老人ホーム、リズムセクションの紹介でした!

 

☆     ☆     ☆

 

筆者は東京に来て3年目なのですが、今年はじめて本格的な関東の夏と冬を経験している気がします(瀬戸内ぬくぬく温室育ちなので……)。

厳冬を乗り切るために、今回は健康マニアみたいなこと書いてお別れにしようと思います。

暖房、加湿、ビタミンC!

そして冬こそ水分補給!

 

 

では、このへんで。

 

たこハム(耐え難い寂しさに独り泣き明かす夜を経験したこと、ありませんか)

そろそろお別れ ソロをお代わり【師走増刊号】

普段は冷静な教師たちさえ走り回る忙しさの「師走」になってしまいました。

乗り切った後の忘年会のお酒は、さぞ美味しいんでしょうなあ。

「美味い酒を呑む」ことを人生の糧にするのも、(肝臓以外には)悪くないんじゃないでしょうか。

 

☆     ☆     ☆

 

みなさんこんばんは。現在、深夜2時を回っております。デジタル時計の針が速い。

パンフレットの編集で目が回っている、トロンボーンのTが今回のお相手です。【ステラ直前号】以来、2回目の出番ですね。大なり小なり、記事を書くというのは緊張を伴うものです。やっていることはソロとあんまり変わりません。たこハムさんはどちらもたくさん経験していて、さすがの貫禄です。

 

さて、先日は、「太田市大学ジャズフェスティバル」でした!

f:id:jazzjunkworkshop-blog:20181206015047j:plain

12月の1日2日。首都圏の学バン達が群馬県太田市で各々の隠し芸を披露する、そんなビッグイベントでした。

僕達JJWは、最強テナーサックス奏者を召喚したり、看板ソリストを2人もフィーチャーしたり、"異国情緒溢れる、ジェットコースターのようなナンバー"を太田仕様で披露したりしました。

普段はジュニアで活動している僕ですが、今回はレギュラーの方々に混じって、2曲目の"the Fan Club"に乗らせていただきました。貴重な体験をさせていただきました。

 

今回の本番、演奏は大きな事故なく大成功でした。

演奏

 

普段はジュニアで活動していて今回は2曲目に乗っていた彼が絶起し、車の出発を50分ほど遅らせました。

f:id:jazzjunkworkshop-blog:20181206021221j:plain

↑謝罪の様子(ごめんなさい)

車の駐車券を紛失して、2日目の朝ホテルを出発できなかったり。ひみつの じゅもんを おぼえた!

極めつけは、車が電信柱に×××してしまいました(詳しいことは秘密)。

 

……。

お口直しに、太田で出会ったトナカイさんとうさぎさんをどうぞ!

f:id:jazzjunkworkshop-blog:20181206022820j:plain

f:id:jazzjunkworkshop-blog:20181206022838j:plain

 

さて、太田市大学ジャズフェスティバルの気になる結果は、13校中なんと

☆7位☆

強豪だらけの中でしっかり歯型を残して参りました!シード獲得です!

JJWは来年また太田の地に舞い戻ります!!!

いやあ、それにしてもレギュラーバンドかっこいい!1曲目と3曲目は舞台袖で聴いていましたが、圧巻でした。すげえブチ上がった。「最高」の一言に尽きます。

f:id:jazzjunkworkshop-blog:20181206024333j:plain

 

☆     ☆     ☆

 

さて、ここからは宣伝です。

来たる12月9日、JJWジュニアバンドは、今年度最後のジョイコンに出演致します!

東京メトロブラザーズ@法政大学市ヶ谷キャンパス

f:id:jazzjunkworkshop-blog:20181206023220j:plain

我々JJWの活動拠点は駒場なので東京メトロあんまり関係ない気もしますが東京メトロをこき使う学生ばかりの大学3校が集結しております。お相手はなんと、法政大ニューオレさん早稲田ハイソさん!みなさんぜひお越しください!

なんとこの東京メトロブラザーズ、今年が初開催ということで、JJWの歴史に新しい風を吹き込んでくれるんじゃないかと期待しております。

12月9日、法政大学市ヶ谷キャンパスですよ!お忘れなく!

 

☆     ☆     ☆

 

さてさて、メンバー紹介のコーナーは書き手交代いたしまして、いつものたこハムが担当します。T君に原稿を頼んだら2日もしないうちに全部書いてきてくれて、このままもう彼に交代していいんじゃないかと思ってます。

気を取り直して今回は第3弾、圧倒的メガネ男子の最後列、トランペットセクションの紹介です!

 

Lead Trumpet 大西 圭祐

f:id:jazzjunkworkshop-blog:20181204181110j:plain

「ねむいです」

出身:神奈川県

好きな食べ物:納豆

好きな色:赤

趣味・特技:最近ムーンウォークの練習を始めました

なくて七癖:七草粥って食べたことない

 

納豆が好きでチーズが苦手なLead Tp・大西圭祐(おおにしけいすけ)は、我らがJJWレギュラーバンドのコンサートマスター。前方3mにいる者の耳を破壊する音圧と、「あのさぁ↑、君さぁ↑」という独特なイントネーションを武器に、日々の合奏をリードしてくれています。

f:id:jazzjunkworkshop-blog:20181204181802j:plain

↑カメラを向けられるとさっと出てくるこのポーズ。あざといやつ

 

そのプライベートは、パンケーキ好き、自分ツッコみくま(LINEスタンプのキャラ)が好き、そしてなんといっても無類のネコ好き、と女子力高め

ベルから飛び出す音からは想像ができないほど、ふにゃっとした人柄(と、ついでに驚異の軟体)が彼の魅力なので、是非話しかけてみてください。

(ただし、楽器の話になるとオタク特有の早口に火が点くので注意すること。)

 

2nd Trumpet / Flugel Horn 菊地 祥太

f:id:jazzjunkworkshop-blog:20181205232743j:plain

「今年の活動も残りわずかになりましたが、少しでも我々の演奏で楽しんでいただけたら光栄です。」

出身:神奈川県

好きな食べ物:チョコ

好きな色:空色

趣味・特技:フルスコアを眺めること

なくて七癖:癖って自覚できなくないですか

 

JJWの看板ソリスト菊地祥太(きくちしょうた)鈍色に輝くフリューゲルホルンとの二刀流で、今日もインプロしちゃってます。

また、趣味に書いてある通りスコア好きの変態で、合奏で必要なときにはたったの一晩で新しく楽譜を書いてきてくれる頼もしいやつです。

f:id:jazzjunkworkshop-blog:20181204182039j:plain

↑何かと被り物担当。太田では長尾(Tb)とともにトナカイに扮装
 

柔和な顔つき、穏やかな語り口、「仏」というあだ名。うちのRegの中でも随一のゆるふわ系ですが、騙されてはいけません。慣れた相手には結構容赦のない毒舌と腹パンが飛んでくることがあります。

とはいえ、独特の会話ペースがクセになるので、是非話しかけてみてください。

(ただし、EDMの話になるとオタク特有の早口に火が点くので注意すること。)

 

3rd Trumpet 三村 統

f:id:jazzjunkworkshop-blog:20181204182107j:plain

「まだまだ半人前ですが、先輩方から少しでも多くのことを吸収して、バンドに貢献できる演奏をしていきたいです!」

出身:東京

好きな食べ物:寿司

好きな色:緑

趣味・特技:トランペット、野球観戦

なくて七癖:最近、先輩の仕草に影響されて、演奏する時に思わず首を傾けてしまう

 

今年のReg唯一のC年! 先輩にまじって3rd Tpを任されているのが、三村統(みむらもと)です。

Jrではリードを取ることのある彼。みむりんというあだ名で親しまれ、「JJWの未来やなぁ」という声も上がっています。

f:id:jazzjunkworkshop-blog:20181208121026j:plain

↑海鮮丼@太田。心なしか嬉しそう

 

いたって真面目なみむりん。個人練もかかさず、先輩への態度も他の後輩どもと違って丁寧で、いつも「(C年なのに)Regに乗せてもらってありがとうございます」と言ってくれる聖人ぶり。

でも、練習後のごはんに先輩にまじってついていき、「え、いいんですか?」と言いつつちゃっかり奢られちゃってるので、意外としたたかな面もあるのかも??(たこハム個人の感想です)

 

4th Trumpet 林 隼佑

f:id:jazzjunkworkshop-blog:20181204212006j:plain

「口笛で、上のF#とGの間に段差みたいなのがあって、そこから上のピッチが取りづらくて困ってます。」

出身:神奈川

好きな食べ物:天丼

好きな色:無彩色が好きです、特に黒

趣味・特技:最近は、Apple Musicでひとつの曲を漁りまくってプレイリスト作るのにハマってます。曲名検索だとヒットしないのが結構あってやりがいあります。

なくて七癖:日常生活の中で「信号が点滅し始める前に渡り切らないと今日よくないことが起きる」みたいなジンクスを自分で作ってそれに挑戦するみたいなことを昔からやっていて、たぶん癖です

 

4th Tp、バンドの右奥で静かに楽器を構える好青年が林隼佑(はやししゅんすけ)、通称ぺーすけです。たぶんスーツが一番似合う男です。

実はピアノも上手で、たまにジャズ・スタンダードの名演をコピーして弾いて聴かせてくれます。ピアノも似合うんだよなぁ、ぺーすけは。

f:id:jazzjunkworkshop-blog:20181204212339j:plain

↑ミュージカルものの邦画のポスターにありそうな写真が撮れました

 

かなりなジャズの味わい方をしており、自分でコードをかけて楽しむほど。1920年代のオールドジャズがお好みで、中でも"Star Dust"が特にお気に入りのよう。(彼もO西やK地に似てしまったのか、語りだすと止まらないタイプです)

 そんな独特のおしゃれさと、すらりとした佇まい、そこからは想像もつかない愛嬌というギャップを持ち、Regメンバーからも(女子を中心に)推されています。う、羨ましくなんか……!!

 

 5th Trumpet / French Horn 用害 蒼一郎

f:id:jazzjunkworkshop-blog:20181208113123j:plain

「"パワーこそ力"」

出身:生まれ…新潟 育ち…東京

好きな食べ物:Hi How Are Youのカレー(日吉にあるカレー屋)

好きな色:寒色

趣味・特技:昼夜逆転

なくて七癖:チョコレートを食べたくなって買うものの一口で満足して食べきれないこと

 

学バン界隈でも"よーがい"として顔の広い用害蒼一郎(ようがいそういちろう)。リードの補佐、3rdTp・Flhなど、マルチに活躍してくれています。

なかでも驚きなのは、My楽器としてフレンチホルンを所有しており、それをビッグバンドでも遺憾なく使用していること(サドメル、VJOの曲にはホルンが使われているものもいくつかあるのです)。リサイタルでもその姿を見られますので、乞うご期待です。

f:id:jazzjunkworkshop-blog:20181209112043j:plain

兼六園をバックに。よーがいも実はいい笑顔見せるんです

慶應生だからなのか、スパッと物を言う性格。話し合いの際も、極めて冷静に現状を把握し意見を言ってくれるので、超頼りにしてます。ただ、ストレートな言葉選びで繰り出されるその殺傷力は抜群です。

かと思いきや、後輩には意外と優しくしてたり、演奏以外で一緒にいるときははしゃいだり照れたりと、意外とかわいい一面もある模様。意外と。

そんな彼も残念ながら(?)、音楽に関してはややオタク気質なのでした。

 

以上、何かとクールでマニアなトランペットセクションでした。次はラスト、リズムセクションです!

 

☆     ☆     ☆

 

お相手は再びTに戻ります。

そろそろ今年度JJWの活動の閉幕が近づいていますね。

それが意味するところは何かと言いますと、パンフレットの締め切りも近いということです。やばい()

f:id:jazzjunkworkshop-blog:20181206025930p:plain

冗談はさておき。一同、12月16日のリサイタルに向けて、この一年間の集大成を発揮できるよう努力を重ねています(さらっと宣伝)。僕たちの音から、この一年の歴史のようなものを感じてくれると嬉しいです。

打ち上げで思い出話に華を咲かせて酔いたいものですね。飲み過ぎ注意。Tでした。

ホウシャレイキャク レイキャビク【12月活動宣伝+α】

だんだんと晴れの日の割合が増えてきました。

晴れの日が増えたってことは、冬が近づいたってことです。

「たいへいようがわきこう」は冬に晴れる、小学生の時にそんなことを習った記憶がある方も多いのではないでしょうか。

 

☆     ☆     ☆

 

皆さんこんにちは。毎週更新を目指していたのに遅筆のあまり結局もとのペースと何も変わらないたこハムです。好きでやってるブログですらこの有様、レポートなんかはなおさら……ね。

先週末は駒場祭でした。JJWのブースにもたくさんの方にご来場いただきました、ありがとうございました!! 僕もとても楽しかった半面、その反動でいま寂しさに浸っているところです。

 

さて、今回はちょっと先取りして、12月のイベントをご紹介しようと思います。といっても今週末なんですけど。

 

太田市大学Jazz Festival

f:id:jazzjunkworkshop-blog:20181127112257j:plain

今年も出ます、太田!

学バンがエンターテイメントに全振りしたステージング、バトルソロが繰り広げられる大きなドーム、超エキサイティンな2日間になること間違いなしです。

今回は通常のれぎゅに特別なメンバー3名を加え、総勢20名でお送りします! (JJWのRegがここまで大所帯なことがいまだかつてあったのだろうか)

乞うご期待!!

 

☆     ☆     ☆

 

 さてさて、ここからは、前回の更新からしばらく経ってしまいましたが、Regメンバー紹介の続きです! 何とか企画倒れさせずに書き上げることができました(笑)

第2弾は、わいわいがやがや、にぎにぎやかやか、トロンボーンセクションです!!

 

Lead Trombone 長尾 智尊(E年)

f:id:jazzjunkworkshop-blog:20181119114518j:plain

「いつか飲めるようになると信じています。」

 

出身地:横浜

好きな食べ物:おいも

好きな色:みどり

趣味・特技:散歩

なくて七癖:飲み会で即死

 

東京郊外の試験地で毎週汗水たらして働く若き農家。その真の顔は、レギュラーバンドを束ねるバンドマスター長尾智尊(ながおともたか)です。
リードボーンも担当する彼は、毎練習後のミーティングから対バンまで、小さなことから大きなことまで何でもこなしてくれています。

f:id:jazzjunkworkshop-blog:20181119114847j:plain

↑アルコール耐性ゼロの彼が本番後の打ち上げで飲むのはもちろんウーロン茶
トマト、枝豆、桃、ジャガイモ、サツマイモ……彼が合奏の時に持ってきた野菜、数知れず。合奏の議事録の最後に野菜を使ったレシピが載っていたこともありました。「実はヘヴィメタが好き」という音楽性からは想像できないくらい、のどかですね。
最近は念願の下宿暮らしを始めたようです。自炊と早起き頑張ってね。


2nd Trombone 石野 可南子(E年)

f:id:jazzjunkworkshop-blog:20181119130307j:plain

「引退後に遊んでくれる友達を募集してます。友達と海外旅行してみたいんです。」

出身地:金沢!

好きな食べ物:だし巻き卵

好きな色:黄色

趣味・特技:パントマイムが人並みよりはちょっと上手くできるくらいですかね

なくて七癖:勉強中のペン回し(回ってないけど)

 

いしのおねーさん」という一部からのあだ名とともにJJWの姉の座を独占し続ける彼女は2nd Tb・石野可南子(いしのかなこ)。本人としては浮き沈みがあるようですが、傍から見ているといつも元気。Tbセクションのうるささのおよそ6割から7割を担っていると言っても過言ではないくらい、まぁおしゃべりな子です。

f:id:jazzjunkworkshop-blog:20181121042421j:plain

↑Reg金沢ツアー御一行を案内し、やや興奮気味の石野。はしゃぎすぎ!
故郷・金沢への愛が本当に強いようで、とにかくことあるごとに金沢を推してきます。その愛は、「自分がマネージャーするから」と言ってれぎゅを金沢Jazz Streetに出演させ、そのままメンバーに金沢を堪能させることに成功するほど。ありがとう、海の幸おいしかったです。

 

3rd Trombone 知念 雄太郎(E年)

f:id:jazzjunkworkshop-blog:20181121043050j:plain

ウパニシャッド!!!!」

出身地:千葉

好きな食べ物:シゲキックス

好きな色:暗めの色

趣味・特技:ディズニーシーの道案内

なくて七癖:前髪を引っ張りがち

 

ホーン隊の中央でバリバリソロを取っている、それなりに身長高めの男が3rdTb・知念雄太郎(ちねんゆうたろう)です。

バイトの特典で手に入れた、かざすとお会計が25%安くなる社割魔法のチケットを持っている彼は、いつもの練習後にみんなを率いて晩飯につれてってくれます(まぁ、そのバイトはもう辞めちゃったんですけど……)

f:id:jazzjunkworkshop-blog:20181121043950j:plain

 ↑「英語の基礎力に欠ける」と書かれたおみくじを引いた彼は英文学専攻です

舌先三寸、口八丁。よくも悪くもムードメーカーという言葉の似合う男で、そういう点で残念ながら筆者ととても気が合います。

上のひとことは「インド哲学の授業中に適当に書いた」とのこと。2年生も後半になり、文学徒としての道を歩み始めたようです。あれ? E年(サークル3年)なのに2年生? あれ?

 

4th Bass Trombone 長沼 奈歩(E年)

f:id:jazzjunkworkshop-blog:20181127044055j:plain

文系3年21歳女子、理系院進が圧倒的に多いJJRegの中で孤独に就活頑張ってるので応援してください。

出身地:山梨県甲府市

好きな食べ物:海鮮物全般(海なし県出身なのに、だからこそ)あとヤングコーン

好きな色:エメラルドグリーン

趣味・特技:趣味…読書とラジオ、あと最近コーヒー(ラテアートもできなくはない)/特技…銭集め、銭勘定

なくて七癖:れぎゅぼんが甲州弁のことをバカにするので、甲州弁が口から出そうになってもとっさに我慢する癖がつきました。笑っちょし!(=笑うな!)

 

バンドのど真ん中で存在感のある低音を放っているのは、4th B.Tbの長沼奈歩(ながぬまなほ)です。
特技欄に銭勘定と書いている彼女はJJWの会計としても踏ん張ってくれています。最終的にこのサークルが回っているのは彼女の頑張りのおかげです。マネージャー的にほんっとうに助かってます。

f:id:jazzjunkworkshop-blog:20181127115045j:plain

↑合宿先にて。気分は女王様?

読書好き、カフェ好き。あと、ミスチル好き。多趣味でうらやましい(よく見ると僕が趣味にしようとして全部失敗したやつだ……)。

本人も言っていましたが、JJWでは少数派の文系。本好きということも相まって、結構物書きの素質もあると思うんですよね。彼女の文章が目に触れる機会もまたあることと思いますので、こうご期待です。

 

以上、唯一全員がE年のトロンボーンセクションでした。次回はトランペットセクション紹介予定です。今週末くらいに書けるといいな……。

 

 ☆     ☆     ☆

 

冒頭でも触れましたが、駒場祭が終わったことで、RegもJrも本番を残すところあと2つとなってしまいました。

音楽をやる者のはしくれとして、1音1音大切に演奏していきたいものです。

 

 

それでは、このへんで。

 

たこハム(レイキャビクアイスランドの首都であり、本ブログおよびサークルとは何の関係もございません)

ぶんぶんぶんぶ ぶんかの日【11月活動報告&告知+α】

秋も深まる11月、つい先日は文化の日

すっかり学祭シーズン、いろいろな大学が多くの人でにぎわう季節。

"芸術の秋"の名を冠するに相応しいイベント(と、そうでもないイベント)があちこちで催されていますね。


☆     ☆     ☆


みなさんこんにちは。先日修理に出したスマートフォンがやっと戻ってきました、たこハムです。

先週は秋晴れに恵まれた一週間でしたね。一人暮らしあるあるだと思うのですが、「こういう日には洗濯物を干さなくては」という強迫観念に駆られます。


まえがきでも触れたとおり、今は学祭シーズン真っただ中。

お出かけ先の学祭でJJWメンバーが企画バンドで演奏する姿を見かけた方も、もしかしたらいらっしゃるかもしれませんね。

 

もちろんJJWレギュラーバンドも、学祭に出張してきました。具体的には、JARTコンサートでもご一緒した上智青山学院立教の3大学を巡ってきました。聴きに来てくださった方々、ありがとうございました!

 

 

「あれ、いつもの顔ぶれとなんか違う?」

演奏を見ながらそう思ったそこのあなた。スルドイですね。

実は例年この学祭回りの時期から、「体験乗り」というイベントを行っているんですよ。ジュニアバンドに乗っている子たちに、レギュラーバンドがどんな曲を演奏しているのかを実際に一員となって体験してもらう、そんな企画です。

もしかしたら、この体験乗りを経験した人が、来年のレギュラーメンバーになっているかもしれないわけです。次世代の風を感じますね~。

 

☆     ☆     ☆

 

さて、学祭といえばもちろん我々主催の学祭もあります。

 

駒場祭

f:id:jazzjunkworkshop-blog:20181107025008j:plain

駒場祭のころあいは銀杏並木が見頃です

 

11/23(金・祝)、11/24(土)、11/25(日)の三日間にわたって開催されます。

JJWの演奏はもちろん、他大の学バンさん、現役生の企画バンド、OB・OGバンドなど、入り乱れてのステージ。編成も、ビッグバンドからコンボ、デュオなどなど何でもありの三日間になっております!!

f:id:jazzjunkworkshop-blog:20181107115043j:plain

↑気になる出演バンドとタイムテーブルはこちら

 

是非足をお運びくださいね! きっと外寒いし!

 

☆     ☆     ☆

 

さてさて。

今回から一ヶ月の間、このブログでちょっとした特別企画をやろうと思います。その名も、「たこハムが勝手にRegメンバーを紹介しちゃうコーナーです(ネーミングそのまんま)。

普段の本番だと、MCでメンバー紹介をしたくても尺の都合でできない、っていうもどかしい場面が多々あるんですよ。そんな溢れるメンバーへの僕のを、このコーナーで少しでも伝えられたらなと思います。コラ、そこ、気持ち悪いとか言わない。

 

では早速。11月第1週(の予定だった)は、ビッグバンドの最前列を務め、本番ではいつも箱譜面の見づらさに悩まされているサックスセクションをご紹介します!!

 

Lead Alto Sax 三好 伊織 (E年)

f:id:jazzjunkworkshop-blog:20181109212346j:plain

「どうも、駄文製造機です。いつもご愛読ありがとうございます」

出身:生まれ…大阪府 育ち…広島県

好きな食べ物:油淋鶏

好きな色:青系、白

趣味・特技:口笛が3オクターブ出る

なくて七癖:腰を落ち着けると半径1mを自分のもので散らかしてしまう(ホテル着いたときとか特に)

 

虫を追いかけタスクに追われる男、三好伊織(みよしいおり)。いおりん、たこハム。JJWRegのリードアルトとして、マネとしていつも私たちを引っ張ってくれています。

虫取りカゴを持って練習に来たり、急にパーカスに目覚めたり、お酒飲んで真っ赤な顔で語り出したり、チャリンコで爆走してたり、本当に見てて飽きないんですよね。

f:id:jazzjunkworkshop-blog:20181109213453j:plain

↑金沢にて。海鮮丼を食べご満悦の表情

とにかく存在感がある人です。うん。オーラとかもあるし。何よりいおりんが動いた軌跡には彼の私物がいっぱい広がってるんで。(物なくさないでね)

本当にいつもありがとう。一同大感謝しています。
(たまにはゆっくり休んで欲しいなと思っている4thTb 長沼でした。)

 

3rd Alto Sax 佐藤 嶺 (D年)

f:id:jazzjunkworkshop-blog:20181109214444j:plain

「残りあと2ヶ月、佐藤伝説はまだまだ続くのだっ!」

出身:千葉県

好きな食べ物:餃子、寿司

好きな色: メタリックカラー、特にブルー

趣味・特技:文房具(特に筆記具)の収集

なくて七癖:あって四十八癖

 

ぱっと目に付くハンチング帽。おっきなメガネ。そしてアゴ

リードハットの三好に劣らない存在感を放っているのが、3rd Altoの佐藤嶺(さとうれい)です。

Jrではコンサートマスターとしても活躍する彼。この学祭シーズンはソプラノからバリトンまでサックスを使いこなし、いろんな企画バンドで精力的に活動しているようです。顔が広い、うらやましいなぁ。

f:id:jazzjunkworkshop-blog:20181109235622j:plain

↑「奇跡の一枚」と称される写真。次回予告で死にそうなアゴ

そんな彼ですが、JJWのれぎゅではかなりお調子者の部類。特にスキンシップがやや過剰な節があり、相手が先輩だろうと構わずしかけていく姿をよく見かけます。

最近は合奏中に寒いギャグをすかさずかましてくるので、となりにいる筆者は回収に困っています。誰か助けて。

 

4th Tenor Sax 西脇 佑理 (D年)

f:id:jazzjunkworkshop-blog:20181110002813j:plain

「最近寿司屋でバイトを始めました。まかないが美味しくて幸せです。」

出身:愛知県

好きな食べ物:明太子

好きな色:青

趣味・特技:テナーサックスが吹ける

なくて七癖:なくて七癖ってどういう意味ですか?

 

ゆるゆるっとした服装のテナー奏者を見かけたら、きっとそれは4th Tenorの西脇佑理(にしわきゆうり)でしょう。

高校時代はバレーボール一筋だった彼ですが、大学入学を機にJazzに転向。最近は他大学のコンボジャズサークルにも足繫く通い、その貪欲さはとどまるところを知りません。

f:id:jazzjunkworkshop-blog:20181110033032j:plain

↑山野予選会場へと向かう電車の上で彼はひとりドラクエをやっていました。最近はポケモンGOにはまってます

なんと、『なくて七癖』ということわざを知らなかった彼。ちょっとおつむが弱いのか、「あっ、そういうことだったんですね(笑)」とワンテンポ遅れて会話についてくることがままあります。かと思いきや、難しい物理の話(筆者にはちんぷんかんぷん)を急に振り出したりするので、やっぱり彼も東大生なんだなぁと感じます。

 

5th Baritone Sax 齋田 茉帆 (D年)

f:id:jazzjunkworkshop-blog:20181110040129j:plain

「齋田でした。バリトンもっと上手くなりたいです。」

出身:茨城県牛久市

好きな食べ物:大学芋

好きな色:最近は赤が好きです

趣味・特技:インスタで無限にでてくる小動物の動画を見ること

なくて七癖:無意識でバスの整理券を何重にも折ってしまうこととか、、

 

5th Baritoneを操るサックスセクションの紅一点かつ最年少の彼女の名は齋田茉帆(さいたまほ)。みんなに「さいたま」「さいたま」と呼ばれていますが、れっきとした茨城県民です。今はすっかりバリトンを構えた姿が板についていますが、元はなんとクラリネット奏者! Regの演奏でもたまに持ち替えてくれます。一回ソロ聴いてみたいなぁ。

f:id:jazzjunkworkshop-blog:20181110040157j:plain

 ↑アルコールが入ると笑い上戸に磨きがかかります

ここだけ聞くと完璧な後輩に聞こえますが、実は彼女、相当な笑い上戸です。筆者がセク練でしょ~~もないジョークをかましても、必ずげらげらくすくすと笑ってくれます。その姿は多くのRegのメンバーを救ってきました。「齋田が笑うのを止めたとき、それは世界が滅びる前触れである」と筆者は信じています。

 

以上、平均学年の最も若いサックスセクションでした。なお、自分の記事のところは4th B.Tbの長沼に書いてもらいました。次回はそんな彼女も含めたトロンボーンセクションを紹介予定です。お楽しみに!

 

☆     ☆     ☆

 

先週とは対照的に、今週の空模様はぐずってますね。「〇〇心と秋の空」とは、よく言ったもんです。雨に濡れた洗濯物を見ると、何とも言えない気持ちになります。

最近は僕の周りでも体調を崩す人が本当に多いです、悲しい……。急に冷え込むこともございます、どうか暖かい恰好でお過ごしくださいね。

以上、まだシャツ一枚で生活している筆者からのお願いでした。

 

 

それではこのへんで!

 

たこハム(最近サブタイトルが適当になっている気がしないでもない)